<< 通園通学グッズ、オーダー承ります。 | main | エルパに1day!! >>

お弁当袋のリフォームをしました。

 

 

旧友からの依頼が入る。

「かっちゃ〜ん(昔の呼び名)!友達が困ってるの〜!おねが〜い!」

 

彼女からの依頼は、いつも奇想天外で面白い。そして勉強させてもらってる。

今回の依頼は、「アルミシートの入ったお弁当袋のリフォーム」

 

お弁当袋は100均一で買って(作家のくせにw)、汚れたら使い捨て派(作家のくせに)の私には、リフォームしてまで使う感覚がない(作家のくせに)。

 

聞くと、チーム名の入ったお揃いのお弁当袋だそうで、追加購入も難しいんだそう。

ふむふむ。それはリフォームして使う意味が分かる。

 

で、現物を受け取ってみると中のアルミシートがお洗濯でよれてしまい、しかも脇の縫い目がパンクしてる。

最初は同じような生地を探してきて一から作って、チームロゴだけくりぬいてアップリケするつもりだったが、

現物見てみると、厚手のナイロン生地はそんじょそこらで売ってないと思ったし、外は新品同様。

これは解体して外側は生かす方が早いし、チームの中で見比べても浮いたりしない!

 

解体開始!

量産ものの市販品をばらすなんて初めての行為!!

 

おもしろかった!

「ふむふむ。私のやり方と同じだな」「へ〜!ここ一回で縫ってるんだ〜」「これなんちゅー糸やろ?」「このファスナー単価いくらなんやろ!売ってくれんかな!」

興味津々!

量産品といえど縫う工程は人の手だと思う。これを縫った誰かは、ほどかれるとは思ってもいないのではなかろうか。

 

ほどいてますよ〜〜!アルミシート以外は全部使えます。

ナイロン素材なので、低温でゆっくりアイロンをかけました。

アルミシートは、厚手のを選びました。

 

夢中すぎて縫う工程の写真を撮り忘れた。

 

いろいろすっ飛ばしましたが完成!!(リボンのところにチームロゴが入ってます)

脇の始末は、いつも自分が作るバッグと同じやり方だったので助かりました。

 

完璧に再現できたと自画自賛してますが、新品の状態を見たわけではないので、おそらく・・・。

 

いや〜面白かった!

1から作った方がはるかに早いんだけど、こんな経験めったとできない!

 

自分が10年かけて培ってきた技術が生かされた!と思った一品でした。

 

さてアルミシート入りのお弁当袋。

やはり洗濯の不安があって作ろうと思ったことがない。

まあ、取り外しができる構造だとかいろいろやり方はあると思うけど、自分自身が「お弁当袋は100均使い捨て派」なので、商品としては作らないと思われる。

 

そもそも、アルミシートの保温保冷効果がどれだけのもんか、誰か実証してほしいと思う今日この頃。

普通のキルティングじゃだめなんですか!!

(保冷保温効果があるキルティングも売ってるけど高いのです!)

 

お洗濯のリスクを承知でオーダーしてくださる方がいらっしゃいましたら喜んで承ります('ω')ノ

 

 

at 22:59, mam craft * chouchou, chouchou雑記

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 22:59, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://mchou2.jugem.jp/trackback/862